【受付時間】午前9時~11時半 / 午後3時~4時半
072-959-0100
順番予約はこちら

この疾患の特徴や原因

水痘帯状疱疹ウイルスが再活性化することによって起こります。水痘帯状疱疹ウイルスは初めて感染した時、水痘(みずぼうそう)として発症し、治癒後、神経節にひそんでいます。ストレス・過労などによって免疫が低下するとウイルスが活動し、片側の神経領域に沿って水疱・赤みが出て痛みを伴います。頭痛を伴う場合や全身に出る場合などは入院が必要な時もあります。

この疾患の主な治療法や対処法

主に抗ウイルス薬の内服を行います。症状がひどい場合は入院施設にて治療をすることもあります。片側の痛み・赤み・水疱が出たら早めに受診ください。