【受付時間】午前9時~11時半 / 午後3時~4時半
072-959-0100
順番予約はこちら

この疾患の特徴や原因

高温によって皮膚組織が障害される事によって起こります。皮膚は表皮・真皮・皮下組織により構成されています。火傷は深さによってⅠ度・Ⅱ度・Ⅲ度に分けられます。
Ⅰ度:表皮の損傷のことをいい、赤み・ヒリヒリ感を伴います。3~4日で痕を残さず治癒します。
Ⅱ度:真皮に達する損傷のことをいい、痛みが強く水ぶくれを作ります。2~4週間くらいかけて治癒します。瘢痕を残すこともあります。
Ⅲ度:皮下組織に達する損傷のことをいいます。皮膚が灰白色になり、痛みを感じません。瘢痕が残り機能障害が起こる場合があります。

この疾患の主な治療法や対処法

火傷をしたらすぐに水道水などで冷やしましょう。
深さによって治療が異なります。浅い物であれば、軟膏などの外用を行います。深い物であれば植皮術などの手術が必要な場合もあります。